活動再開趣旨

G

TOPへ   コメントはこちら   過去のページへ


活動再開趣旨


13/10/26大阪教育大学体操部卒業生幹事会(まとめ) 

大学から支援をお願いしたいと活動再開の依頼があり、中筋さん(S53卒)の呼びかけで11名が集まりました。


立石勉(S35卒)・中筋弘道(旧姓坂原S53卒)・澄川雅則(S53卒)・片桐幹雄(S54卒)・武田庄治(S54卒)・藤田義継(S56卒)・森田員史(S56卒)・鴨井一江(旧姓安木S56卒)・村上彰善(S62卒)・住藤洋平(H12卒)・住藤笑子(旧姓櫻田H12卒)


皆様方のお話をまとめましたので、ご確認ください。13/11/06 中筋さんS53卒より


OB会の今後について

 • 「五月クラブ」の名称は残す。

 • 毎年会合を持つても集まらないであろう。

 • 会長などの役職は、 今は必要ないであろう。(現在もなし)

 • 現役を援肋する前に卒業生同志の連携、 親睦が必要。

 • まず、 少ない学年での集まりから出発してはどうか。

 • 現役を応援することに異存はない。 (なかなか時間がないのが現状)


今後・ ・ 小規模な学年間での集まりを持つて戴き、 将来的には拡大していく方向。

取りあえず、 来年各学年の代表の方に声をかけて集まって戴き、 今回の趣旨を

お話しし、理解 ` 協力をして頂くことにしたいと考えています。 

形になるまでには時間がかかると思いますが、 このまま放つて置く訳にもいか

ないので、 ご無理のない程度にご協力をお願い致します。



上記「まとめ」を受けて、藤田S56卒の提案です。13/10/28


うつ病で早期退職し、現在自宅療養中です。

こんな私にできることをやろうと思い動き始めました。

集中力に欠け、判断力・決断力が乏しい現状ですが、無理のない程度で進めていくつもりです。


趣旨及び方法


話し合いのまとめを受けて、自分たちの楽しみのために同年代が集まり、交流を盛んにして、活動の輪を広げ、「五月クラブ」全体の活動へ繋げるために、少し時間がかかるかも知れませんが、自分たちの生活を豊かにすること、大学体操部への支援に繋げることを目指していきたいと藤田は考えました。

中筋さんの手元には、昭和24年卒業生からの会員全員220名の名前・住所が分かる名簿があります(一部「不明」あり)。

ただ、同年代の交流の輪を広げるには、今の時代「住所」ではなく「メールアドレス」が必要だと考えます。

電話連絡という方法もありますが、時と場合を考えての電話連絡は不都合も生じるかと思います。

メールによる連絡方法は、一番低コストで済みます。

そこで、会員の皆様のメールアドレスを中心にした名簿を作成致したく、ご協力をお願い致します。

尚、メールは使っていないという方については、電話番号をお知らせいただくこととします。


上記趣旨に賛同・同意頂ける方は下記いずれかの方法で連絡頂けるようお願い致します。

多数のご協力、お願い致します。


返信方法(お知らせ頂いた項目は名簿に掲載させていただきます)

ケータイメールアドレスをお知らせ頂ける方は、一斉送信がPCからになりますのでできるだけPCメール拒否設定を外してください。できない場合は、その旨お知らせ頂くか、PCメールアドレスからの送信(登録)をお願いします。


メール;「satsukikurabu@ganba.me」宛にお名前(必須)・旧姓(必須)・卒年(必須)・電話番号・住所・

当時のニックネームなどをお知らせください。


電 話;「072-958-6870」(藤田自宅)にお電話いただき、留守電メッセージにお名前(必須)・旧姓(必須)・

卒年(必須)・電話番号(必須)・住所・当時のニックネームなどを録音してください。


郵 便;封書等で「大阪府羽曳野市羽曳が丘5-13-8;藤田義継」宛にお名前(必須)・旧姓(必須)・卒年(必須)・電話番号(必須)・住所・当時のニックネームなどを記してお送りください。


確認事項

☆「同年代集まろよ」から「五月クラブ」へ

☆「五月クラブ」として定期的な会費の徴収・援助金のお願いは現時点では考えていません。

 「同年代の集まり」はそれぞれの年代に任せます。

☆頂いた個人情報は、五月クラブの連絡以外には使いません。(個人的な交流は各自の責任で)



藤田S56卒の提案 13/10/27

うつうつの私にできることは・・・と、考えました。

電話での連絡はできません。うつうつを患ってから、電話が苦手になりました。

まず全会員にハガキを送って上記の内容をお知らせすることから始めたいと思います。

堅苦しい感じではなく、「同年代集まろよ」という声かけができる雰囲気をつくる感じで・・・

まず、この時勢ですから、基本的にはメールによる連絡網を作るのがいいように思います。

ハガキに・・・

上記内容を説明した上で、メールによる連絡網作成に同意いただける方から返信を頂き、名簿を作成します。

名簿が出来上がったら、返信いただいた方に封書で名簿を送り、「同年代集まろよ」を実行していただく。

「個人情報保護」の面で、難しいことがあるかも知れませんが・・・


© GANBA 2015